KOC・JAPANのさらなる飛躍へ!

皆さま、いつもCポン、並びにKOC・JAPANを応援いただき誠にありがとうございます。


応援くださる皆さまのおかげさまで、会員数は20,000人を突破し、加盟店も200店舗を突破いたしました(※)。


よりよいサービスと利便性の向上、そしてさらなる上を目指しこの度KOC・JAPAN 株式会社は変革の時を迎えました。


事業拡大に伴い、10月28日より、本社を銀座6丁目の東京銀座真珠ビルに移転し、セミナーやサロンとして利用できるように環境を一新いたしました。


そして、新たに代表取締役を招き、更に進化を遂げてまいります。


新社長には、熾烈な市場、香港・中国にて数多の会社を設立・務め続けてきた清水 淳司が務め、皆さまが実感できる改善を加速度的に推進してまいります。


新代表取締役 ご挨拶


 KOCの梁会長とは、香港でビジネスを通じて知り合い、常々こんなカリスマ性のある素晴らしい経営者と仕事をしたいと感じていました。

 KOCのビジネスモデルは香港でも知らない人がいないくらい有名で、私もKOCアワードショーはいつも楽しみに視ていました。

 この度、KOCが日本進出をするにあたり、梁会長直々に口説かれたとき、新しい人生の幕開けが訪れたと胸が高鳴り、その場でこの大任をお受けすることにしました。


 私自身、香港では永らく飲食店や貿易商社の経営に携わってまいりましたので、KOCのビジネスモデルがいかに優れているかは、身をもって感じています。私の使命は、故郷日本において、KOCをより進化させ、世界に向けてのスタンダードを作り上げることと自負しております。何より、中小飲食店の悩みを解決し、消費者も喜び、当社も適正利益を上げる三方良しのKOCの仕事は、一生をかけるにふさわしいと考えております。


 当社のビジネスの本質は、広告業であるとともにプラットフォーマーであり、金融業でもあります。人が集まれば集まるほど儲かる仕組みになっています。KOCは、その利益を薄く広く関係者に還元しています。WinWinであり、Give&Takeでもあります。こんな素晴らしいビジネスは私の知る限りありません。


 まだまだ未熟な私ではありますが、今後とも、梁会長とともに世界にKOCを広め、世界中でCポンが使われる日を夢見て、頑張ってまいる所存です。ぜひ、皆様におかれましても我々KOCをよく知って頂くとともに、活用して頂き、ともに成長、成功して頂ければと思っています。


代表取締役 清水 淳司


略歴

平成6年 中国広州中山大学 卒業

平成6年 HONGKOMG UNI Collection LTD(貿易商社)

平成16年 JS corporation LTD 設立(貿易商社) 平成21年 KIZUNA limited 設立(飲食業) 平成31年 HIROS wealth company limited 設立(コンサルティング業)

令和2年 KOC・JAPAN 株式会社 代表取締役就任



(※…紙媒体のCポンが利用できる店舗も含みます。)