KOC H.K.

創業者の紹介です。

創業者:梁震宇

飲食天王授賞式の創設者であり中国料理協会名誉副会長でもある梁震宇(りょうしんう・Edmund Leung)は、中国では「飲食天王」と呼ばれています。梁天王は中国大陸と東南アジア各国に事業を展開しています。2020年5月には、日本にKOC•JAPAN株式会社を創設しました。

​梁震宇の経歴

梁会長は飲食業界において多く経験があります。マネジメント、投資、または共同出資で経営したことある飲食店ブランドは優に10を超え、それらには「新闘記」、「上海奨門人茶レストラン」、「宝宝飲食グループ」などの有名店があります。中でも「新闘記 佐敦店」はミシュランひとつ星を獲得しました。2012年には、中国の有名人「譚詠麟」と「李克勤」と共に「左譚右李粥麺小菜専門店」という飲食ブランドを設立しました。

司会業では、アジアテレビと香港最大のネットラジオ「謎米」で「食住上」番組の司会者を担当しました。

芸能界では、食をテーマとするトークショーコメディアンとして、二年間パフォーマンスをしています。観客からの人気は絶大で、入場者総数は9,000人に達しています。

音楽業界では、「富臨の月光」、「北斗翁」、「百楽門」など、香港のレストランをテーマにした広東語オリジナル曲をリリースしました。さらに中国標準語でも、グルメテーマ曲「食いしん坊かわいい」をリリースし、食通たちを代表して歌っています。

公益業界では、香港OSJ敬老財団の取締役、香港交通安全隊(特殊職務署)副総隊監、香港広東社団総会青年委員会委員、広東外商組合青年委員会常務委員、香港飲食娯楽禁煙条例関注組委員など、多くの職を兼ね、美食を架け橋として大陸部と香港・マカオ地区との文化交流を促進しています。

梁震宇の業績

香港人として初めての中国料理協会名誉副会長 歴代記録を破り稲苗学会で1位を獲得 「天王会」WeChatグループの法人化 香港テレビ局で深夜早朝時間帯における広告市場の開拓 「飲食界のオスカー」と呼ばれてる「飲食天王授賞式」の創設 香港で飲食現金券を広告費として使えるビジネスモデルの創造

梁震宇の役職および受賞歴

天王会(全球)有限公司 代表取締役会長
飲食天王(集団)有限公司 主席
KOC·JAPAN株式会社 創業者兼取締役
飲食天王授賞式 大会主席
中国料理協会 名誉副会長
中国飯店鳴人会 プラチナ勲章
フランス国際厨皇美食会 名誉会長
広東省飲食サービス業界協会 名誉副会長
広東外商組合青年委員会 常務委員
粤港澳大湾区飲食食品産業連盟 常務副主席
広東飲食四十年(1978-2018)特別貢献人物
深セン飲食サービス業界協会 栄誉会長
東門飲食協会 名誉会長
江門五邑飲食業界協会 名誉会長
三亜市料理飲食協会 名誉会長
汕頭市飲食協会 名誉会長
香港飲食聯業協会 名誉顧問
稲苗学会 名誉顧問
香港広告人協会HIA 取締役
香港OSJ敬老財団 取締役
香港交通安全隊(特殊職務署) 副総隊監
香港広東社団総会青年委員会 委員
香港飲食娯楽禁煙条例関注組 委員
現代管理(飲食)専門協会 会員

「飲食天王授賞式」のご紹介

第1回「飲食天王授賞式」は2006年2月香港で開催され、香港アジアテレビ本港チャンネルで初放送されました。授賞式はその後、香港無線放送有限公司翡翠台や各有名テレビ局と共同開催するようになり、以来毎年、優秀な飲食店の表彰を行っています。香港でテレビ放映される唯一の飲食業界アワードとして、「飲食天王授賞式」の公平性とその権威は業界に広く認められています。受賞した大手飲食店はみな、表彰されたことを大きな誇りに思っています。毎年の授賞式では、多くの飲食業界のトップ、有名芸能関係者、各界の名士および無数のグルメの方々から応援をいただいています。

「飲食天王」は「授賞式」+「現金券」のビジネスモデルを創造し、店舗、消費者、飲食天王の3者をスマートに結びつけ、完璧なビジネスサイクルを作り上げました。この15年間で多くのユーザーと店舗に愛されるようになり、「飲食天王」は大中華飲食業界では並ぶもののないステイタスを確立しました。

お問い合わせは こちら から。

使えば使うほど、​世の中がもっと良くなる。

The more you use it, the better the world will be.

CorpLogo2.png